私がコンサルファームから大手人材会社に転職した理由

プロフィール

  • 性別:男
  • 出身大学:私大文系
  • 前職:総合コンサルファーム戦略部門
  • 前職在籍期間:4年
  • 現職:大手人材会社

ビジネス戦闘力を鍛えるためにコンサルへ

―新卒で総合コンサルファームに入社された理由はなんでしょうか?

新卒でコンサルを志望する多くの方と一緒だろ思いますが、以下の3点でした。

  • 新卒時点でやりたいことがない中で、いろいろな業界が見れる
  • 様々なビジネスケースを見れるため、ビジネスを見る目が養われる
  • ビジネス戦闘力が鍛えられる

―実際、働いてみていかがでしたか?

概ね、期待通りでした。

いろいろな企業のビジネスモデル、業界が直面してる課題やトレンドなど複数見ることができました。

また、転職してみても実感している部分ですが、やっぱりコンサル出身者はビジネス戦闘力が高いですね。

起業の準備のために転職を決意

―では、なぜ転職しようと考えたのですか?

結論から言うと、起業するための準備をするためです。

控え目に言っても、コンサルティングファームは、死ぬほど働きます。

プロジェクト期間中は基本終電かタクシー帰りで、週末に仕事をすることも、徹夜で働くことも決して珍しくありません。

そんな中で、プロジェクトと並行して起業の準備をするのは難しいため、転職を決意しました。

―将来的に起業しようというのは、新卒の頃から考えていたのですか?

いえ、新卒の頃は起業しようなんて考えたこともありませんでした。

むしろ新卒の頃は、漠然とPEファンドに行きたいなと今とは真逆の考え方でした。

―そこから起業しようと考えるまでに、どんな変化があったのですか?

自分の変化は3つあって、まず、サラリーマンって全然儲からないなって実感したことです。

さきほどの通り、コンサルティングファームは、死ぬほど働きます。

世間的に高給と言われているコンサルタントですが、実感としては、こんなに働いて、これだけしかもらえないんだ。という感じなんです。

世の中には、もっとヘルシーにたくさんのお金を稼いでいる人たちがたくさんいますからね。(笑)

2つ目は、コンサルファームで働く中で、自分が得るものよりも、与えるものの方が多くなってきたことです。

4-5年目になると、プロェクトリーダーになります。

それまでは、上位者に鍛えられて、日々ものすごい成長を感じられてきましたが、リーダーになると、自分が下位者を鍛える立場になります。

また、プロジェクトのテーマも、過去に自分が関与してきたテーマに近いものになっていきます。

もちろんその中でもいろんな学びや成長があるのですが、得るものと与えるもの、そして自分の働く時間と給与を見た時に、違うチャレンジがしたくなりました。

最後は、自分で勝負する自信がついたということです。

コンサルファームでバリバリ鍛えられたお陰で、自分のビジネス戦闘力に自信がつきました。

また、鍛えられたお陰で、いろんなビジネスチャンスが見つけられるようになり、自分で試したくなりました。

転職先には大きなギャップが

―実際に転職してみてどうですか?

正直、聞いていた話と違うなという感じです。(笑)

起業の準備期間として、「ホワイトであること」「副業ができること」を軸に、内部者にも複数人に話を聞いて、転職先を決めました。

ところが実態としては、コンサル出身ということで、異常に期待値が高く、想像以上の激務に追われています。

(起業の準備をしたいので、手を抜きますとも言えないので。(笑))

もちろんコンサル時代からは大きく改善されましたが、この転職が成功だったかと聞かれると、間違いなくNoですね。

転職前に、内部者に話を聞きましたが、自分自身のバックグラウンド、考え方などが一緒の人に話を聞けなかったのことが、転職前のイメージと実態のギャップが生まれてしまった要因な気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です